忍者ブログ
八鹿酒造の酒造りや、酒蔵の風景をお伝えします。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  山々の紅葉が終わりを告げた頃、九重の町にも初雪が舞いました。

今年の米作も農家の皆さんのお陰で良質の酒米が収穫されました。

このお米から美味しいお酒を造ることが、私たちの仕事です。


今回の「冬の純米しぼりたて(五百万石)」は、

お米を少し溶かし気味にして仕込んだので、

  お米の味を十分に楽しめるお酒に仕上がりました。


❝ しぼりたて ❞ ならではの軽快な飲み口と

旨みを充分に楽しめるお酒です。






酒米を蒸す「甑 こしき」 


この大きさで、約1000kgの米を蒸し上げます。

隣に立っているのは女性蔵人の伊藤さんです。



蒸し上がった米を麹室に入れる前に荒熱を取っている所です。


この後、麹室の中で種麹菌を付け、麹を作って行きます。

在室時間で約50時間をかけて麹に仕上げます。
  

留仕込後7日目の醪

 
留仕込後14日目の醪 


清酒の造りが始まれば、朝一番に醪の顔(泡の状態)を見る事から

一日が始まります。


静かな蔵の中で発酵する音を聞くと、醪に話掛けられたような気分になります。




今回は「冬の純米しぼりたて(五百万石)」を瓶詰する様子を紹介します。
 
 
 
1.洗瓶

 
2.充填

 
  
3.ラベル貼り

 
4. 箱詰め


 今回詰めた「純米しぼりたて」は、12月4日の発売予定となっています。



地元、九重で育った酒米「五百万石」の味を

どうぞご賞味ください。





 













    
PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/23 CC]
[06/28 shinobu]
[06/28 CC]
[08/13 egumama]
[07/29 M_KUMAGAE]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
堀 裕幸
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1959/06/04
職業:
酒造り
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]